木の力を借りて統合ワークする方法

最近、私がよくやっている統合ワークは「木の力を借りる」という方法です。

木の力を借りる統合ワークのやり方

庭の木でも、通勤・通学路の途中にある木でも、公園の木でも、どこの木でも構いません。

木の下に行って、その幹に手のひらを当ててください。

そのまま木を見上げ、手放したいことを思い浮かべ、色と形と重量感を与えます。

(例えば、「お金の不安」を手放したいのであれば、胸の中にあるそれに意識を向けて、「黒くて丸い10億トンの球体」といった具合に)

それを、木があなたのもとから引き上げて吸収してくれているところをイメージし、一度大きく深呼吸。

次に、木の枝や葉から、金色のシャワーとなって新しいエネルギーが降ってきて、それを頭の頂点から身体全体に浴びているところをイメージし、もう一度大きく深呼吸します。

これで統合は完了です。

木に「ありがとうございます」と声をかけます。

仲良しの木ができると統合がどんどん進む

この統合を日々の生活でしていると、だんだんと「ここの木が好き」という木ができてくるかもしれません。

そういった「仲良しの木」ができると、どんどん統合が進みやすくなります。


この記事をシェアする