22を超えてゆけのアカシックレコード誘導CDがとても良かった

最近、やけに「22」という数字が目に付きすぎて、気持ち悪くなってきました。

それでとうとう(?)「22を超えてゆけ」を購入したのですが、中身はまだ読んでおらず、付属CDにハマっています。

22を超えてゆけ CD付き

購入したのはこちらの本。

 

22を超えてゆけ CD付 ― 宇宙図書館をめぐる大冒険

何度かチラホラ聞いたことはあったものの、そこまで強く惹かれずにいました。

ところが、このタイミングでなぜか強烈に惹かれて購入。

ちなみに、「22を超えてゆけ」のシリーズは全5冊となっています。

2冊目

太陽の国へ―22を超えてゆけ〈2〉

3冊目

6と7の架け橋 ー22を超えてゆけII(太陽の国へVer2)

4冊目

宇宙の羅針盤<上>ー22を超えてゆけ 3ー

5冊目

宇宙の羅針盤<下>ー22を超えてゆけ 3ー

3冊目・4冊目・5冊目は、Amazon読み放題(Kindle unlimited)対象となっていますので、会員でしたら無料で読めます。

私も最初は、「6と7の架け橋」をダウンロードしてみました。

冒頭に、〈22を超えてゆけのおさらい〉が載っており、

  • この本は、独立した作品になっていますので、『22を超えてゆけ』を読んでいなくても読み進むことができます

と書いてあります。

そして読み始めたのですが、確かに、これ単体でもおもしろい!小説のようです。

ですが、せっかくおもしろそうなので、最初の巻から読むことにしました。

初巻が届いたらすぐにCDを再生

初巻の「22を超えてゆけ CD付 ― 宇宙図書館をめぐる大冒険」が手元に届いたとき、本を持ってみたのですが、なぜかすぐに読むつもりにはなりませんでした(楽しみにしていたのに)。

だから、そのまま脇に置いておきました。しかし、どうもどうも、気になって仕方ありません。

パラパラと開いてみます。読みたいわけではありません。

  • うーん……?

と不思議に思いつつ触っていたら、わかりました。CDを聞きたいようです。

そこで、すぐにCDを再生(正確言うとiTunes経由でiPhoneへイン)。

そこから、ずーっとエンドレスでリピート聞きまくってしまいました。

宇宙へそっといざなわれるふしぎな音源

このCDを聞いて体験することは、人それぞれに違うでしょう。

私の場合、宇宙空間にそっといざなわれて、宇宙図書館(アカシックレコード)に到達することができました。

そこでは、自分の過去生を見たり、好きな質問を投げ掛けたりできます。

著者の辻 麻里子さんの声は、とても落ち着いていて、やさしく、無駄がなく、誘導瞑想に最適です。

邪魔になるところがちっともないので、自分に集中しやすいのです。

少し本を読まないとわからないシンボルマークなどが出てきたので、その部分は、本を流し読みして探しましたが、CDだけでも十分価値があるものではないでしょうか。

本編はこれから読む予定

「22を超えてゆけ」の本編は、これから読む予定です。

読む気が高まったところで、自然と読みたいので、まだ置いていますが。

きっと、〈知っていること〉がたくさん出てくるのだろうと思うと、わくわくしますね。


この記事をシェアする